top of page
へのへのもへれもん 2_edited.png

Diary

へのへのもへれもん 2_edited.png

🍋千葉県鴨川市 鴨川レモンお花見会🍋​

へのへのもへれもん 2_edited.png

🍋2024/5/11

東京レモンプロシェクトの企画の千葉県鴨川市 鴨川レモンお花見会に行ってきました🍋

鴨川の安田園芸さんの柑橘ハウス・パパイヤ畑などを見学後、レモン畑の方へ向かい、

安田園芸オーナーご夫妻や鴨川生産者さんの窓口となって鴨川の魅力を発信されているkamolemi倶楽部さん達とともにお花見しながら食べ飲みしました🍋安田園芸さんのレモンのお話を聞きながら、その場とれたてのレモン(ユーレカ)やフルーツパパイヤを切っていただいたり、レモンは焼酎や水と一緒に、出来立てレモンドリンクいただいたり、鴨川のお土産、メンバーが作ってくださったパパイヤの砂糖漬け、鴨川地元のナチュラル系カフェ”アースツリートゥゴー”さんの美味しく健康的な雑穀プレートランチをいただいたり、レモン酵素シロップ割りをいただいたり、とても情報・内容盛りだくさんの会でした!!フルーツパパイヤの種もそのまま頂きましたが、まるでワサビのような風味、少し塩辛いというか不思議な意外なお味でした。

kamolemiはkamo=鴨川、lemi(レモンのハワイ語)だそうです。

安田さんによると、最近の子どもは酸っぱいのが平気!?なんだそうです。普通にレモンもそのまま食べちゃう人が増えているんでしょうか。また、レモンの皮そのまま使ったサラダが美味しいと話していました。

そしてこの日とてもお世話になった鴨川レモンアンバサダーでありフラダンサーでもあり鴨川グランドホテル公式アンバサダーでもある南崎 ティアレ 弘子さん。とてもレモンのように明るく黄色がお似合い、まさに日本のハワイのような空気感を感じるお方!!”ティアレ”はハワイアンネームだそうです。なんとウクレレを持ってきてくださっていて、その場でオリジナルのレモンの歌を披露してくださりました。。。🤭

安田園芸さんのレモン畑ではユーレカや璃の香を育てていらっしゃって、とくに璃の香の畑の規模としては相当なものと言えそうです。璃の香は日向夏とリスボンレモンの掛け合わせでできた品種で、風味がリスボンやユーレカなどのスッパイレモンとは異なりますが(酸味が少ない)、ヨーロッパのレストランでは料理に合うとして重宝されるレモンでもあるそうです。

鴨川も本当に海、山の自然が素敵な光景で、とても癒されておりました。また、潮風も心地よく、天候的にも非常に恵まれた1日でした。レモンの花もたくさん咲いておりましたので、ミツバチや虫もたくさんいましたが、人間も花の香りにうっとり♪な時間となっていたと思います。

私としては、先週瀬戸内地方に行ってきた後のすぐの鴨川で、ここまでの大移動はなかなかなかったことなのですが、レモンの旅として非常に充実したものとなり満足です!それぞれにレモンの畑の特徴があり、いろんな農家さんがいらっしゃったり。様々な色を感じられます😊

​そしてレモンにパワーをたくさんもらいました〜🍋

🍋岡山県倉敷市〜広島県尾道市〜生口島〜大三島(愛媛県今治市)

3泊4日レモンの旅🍋​

へのへのもへれもん 2_edited.png

🍋2024/5/6

年明けからずっと計画立てて、宿もしっかり予約をしていたこのGWのレモン旅がついに終わりました〜。

今回はずっとお会いしたいと思っていたレモン農家さんやレモン屋さん、あとは畑にも入らせていただいたりと本気でレモンに触れる旅となりました。

簡潔にまとめるのが非常に難しいですが、なるべく簡単に日記としてまとめておこうと思います。

1日目は岡山県倉敷市。LemonStyleCompanyことちほさんが元々ご縁があったツチヤコーラさん(倉敷市に事務所があり、牛窓産のグリーンレモンにこだわりクラフトコーラを作っている)の土屋遼介さんとちほさんと一緒にお会いすることができ、素敵な古民家の事務所で少しお話ししつつ、おすすめのエビめしやさんへ連れて行ってくださり一緒にランチしました。ツチヤコーラは学生時代からお仕事されていた土屋さんが立ち上げたブランドで、デザイナーとしてお仕事されつつ、商品の製造についての指示などもされていたりと何でも屋さん的な感じだそうです。自分の名前がブランドになっちゃうって本当にすごいことです🥹

その後、新倉敷駅へ向かい玉島地区にある桃とレモンの農家、なんば農園さんのところへ。昨年のにほんのれもん展のメンバーのお一人です。ついに畑もご対面です。銀行で働かれていましたが、耕作放棄地を自らでどうにかしなければとお一人の力で山の上を開墾化してしまった。なんとも力強い持ち主の方です。日照時間も含め桃やレモンを育てるに最適な環境となっているようです。リスボンやマイヤー、ユーレカなど育ててらっしゃいます。ご自宅で家庭菜園もされていましたし、他にも大豆やフィンガーライム、柿、色々育てていました。周りを見ても畑がたくさんありましたし、とても長閑な地域でした。最近は人間が作物を盗んでしまうなどの被害に苦戦しているそうです。そして対策としてもどうしたらいいのか難しい。どうか、このような被害は無くなってほしいですねTT

なんばさんのレモネードを牛乳で割ったドリンクや、ご友人が経営されているイタリアンバルの玉島BRUNOさんでジンベースのグリーンレモンサワーを一緒に乾杯して美味しくいただきました。

と、ここまではちほさんと倉敷の旅、ご一緒してました。ちほさんは次の日、諸々岡山で過ごしつつ東京へ。私は2日目から広島へ移動することになります。

2日目は広島県尾道市へ。尾道で少し時間過ごしつつ、フェリーで生口島まで行きました。さすがレモンの島🍋レモン色やレモンの置物がいっぱいです。いつも写真で見ていたものが目の前にある!そんな興奮と感動が止まらないような感じです。

生口島でもお会いしたい方、行きたい場所がたくさんなのでした。泊まったのは島宿NEXTさんという窓から高根大橋を臨める、一人旅でも泊まりやすい宿でした。スタッフさんともお話色々させていただき、レモンのお話、へのへのもへれもんのインスタも知っていただけました。この辺りの地域ではレモン愛がスッと溶け込めるところ、とても良いですね。レモンカラーも至る所に当たり前のようにあります🍋

しおまち商店街の方を歩いても、本当にレモン、レモン🍋なわけで、レモンスカッシュ飲んだり、耕三寺博物館、未来心の丘に行って美しい造形や風景を見たり。

そして、インスタで繋がっていた明治時代から続くみしま饅頭の老舗、みしま屋さんの店主の井上豪(つよし)さんとも色々お話できました。現在4代目で、みしま饅頭のレシピなどについては見様見真似で作りながら覚えていく感じだったそうです。おすすめで紹介してくれた、季節ならではのしば餅は、関東では柏餅として一般的ではありますが、しばの葉(サルトリイバラの通称)を用いたしば餅というのが岡山県・広島県・香川県などでは端午の節句の時期に食べられるそうです。みしま饅頭としば餅とレモンケーキをいただきました。

​夕飯にはひ、ふ、みという惣菜屋さんで売っていたのり弁を買って宿に戻って食べました。とてもヘルシーで美味しい弁当でした。

 

3日目。朝にはフロントでレモネードやレモンジャムののったワッフルもいただくことができました。宿でこのような自家製レモンのフードドリンクがいただけるのは、ならではだな〜と感動しました!ローズマリーの入った濃厚なレモネードでした。
瀬戸内町観光案内所で念願の黄色い自転車をレンタサイクルして、生口島から大三島へのルートをサイクリング。まずは事前にメッセージさせていただいた、(こちらもインスタで繋がっていたのですが)高下農園さんの畑をまず見学することができました。レモン谷を中心に農業をされている農家さんですが今回見学したのは木があった少しレモン谷より尾道側方面の、実もたくさんある畑の方に入らせていただけました。レモンの花がどこもいっぱい咲いているので、畑入らずとも周辺通るだけでも花の良い香りがしてくるわけですが、畑の中に入ってレモンの木や花に囲まれる光景はやっぱり圧巻です・・・。

5月のこの時期でも実がたくさん見られるのは、無農薬のレモンだと成長のスピードが遅めであるということだからだそうで、高下農園さんは無農薬・無肥料の自然栽培をされているとのことです。皮まで苦味が少ないレモンが特徴と話していました。雑草を抜くということも特にせず基本は周りにある草は一定の高さで刈っているだけ、とのことで、確かに周りにもたくさん草が生えていました。本当に自然のサイクルや摂理に任せているそうです。瀬戸田の地域としても珍しい栽培方法とのことでした。

レモンの収穫もさせていただけまして、7個その場で収穫したものを購入しました。2度切りもバッチリ知っていましたので、収穫についてはスムーズに〜。あとは茎がなるべく細いもの、葉っぱが近くにとあるものが美味しいそうです。そして、レモン栽培に重要なのは「剪定」ということも話されていました。高下農園さんでは一年中を通して剪定作業をされているそうです。「剪定」が大事は家庭栽培においても大切なことですよね。下を向いている枝はとってしまいます。

畑を出てその後、多々羅大橋の方へ。レモン谷には新しく今年できたレモン谷テラスがあり、ジンジャーレモンソーダとレモンアイスを休憩がてら美味しくいただきました。

大三島では、昨年のにほんのれもん展のメンバーでありました果輪弥さんに寄ることができました。

​黒板アートがとても素敵なお店で、コーディアルをテイクアウトでも注文できます。私は“はれひめ”ブレンドのレモンコーディアルいただきました😋途中お客さんもラッシュで入ってきて賑やかでした。アートも上手な店主さんは元々は大阪にいらっしゃって、瀬戸内レモンの美味しさに魅了されてから大阪でコーディアル商品開発の計画をしっかり立てたあと大三島に移住、果輪弥さんの店舗を始めたそうです。店主ご夫婦さまと色々お話もできて和やかでした〜。途中、しまなみを愛するサイクリストの常連さんとも出会ってお話しできて、インスタも繋がりました〜笑 出来立てのコーディアルもとても美味でした〜!

その後、生口島までサイクリングしながら戻って行きました。夕飯には蕎麦と酒 福来郎さんのレモン蕎麦。輪切りのレモンがたっぷり載っています。もちろん全部ペロリです。

 

4日目。宿もチェックアウトし、生口島から尾道へ。

尾道ではHAPPY LEMONさんが出店されていて、店主かずこさんご夫婦とお会いでき、色々お話できました〜。レモンスカッシュ、レモンフィナンシェ、ベイクドチーズケーキ、レモンケーキを海を見ながらゆっくりいただきました。

さらにはONOMICHI U2(海運倉庫をリノベーション後に商業施設となった)にも寄って行きまして、HAPPY LEMONさんが愛する高根島のレモンを育てているおおもと農園さんのご夫婦がやっているマルシェも寄ってお話しすることもできました。清見オレンジとレモンを買いました🍋🍊

尾道本通り商店街の方へも歩いていき、レモンドリンク飲んだりお土産買ったり…。

最後のレモン旅をじっくり楽しみました。

思い出せば本当に、この4日間で様々なレモン農家さんやレモン屋さんにお会いでき、充実したレモンの旅を過ごせたと思います。写真については全部で460枚(スマホとカメラの両方使ってました。)撮ってました。厳選するのも難しい感じありました。

そして改めて、レモンを作っている皆さん、ありがとうレモン🍋という気持ちでいっぱいです!

🍋埼玉県比企郡鳩山町 かほりの こと ごまこさん🍋

へのへのもへれもん 2_edited.png

🍋2024/3/20

金胡麻農家さん,かほりの こと ごまこさんの暮らす埼玉県 鳩山町へついについにやってきました!

昨年、れもん忘年会ではるばる神田までやってきてくださったごまこさん。

かほりのを表現するイラストを描かせていただくことになり、

今度は私が現地を感じなければ!行くぞ〜!と前々から計画立てていたこの日。

東京からはやや遠いですが、旅としては近い方でございます。

越生(おごせ)駅からごまこさんの車に乗せていただき、いろいろ観光することができました。ごまこさんの鳩山町や農業への熱い想い聞きながら(これを運転しながら話しているのだからすごいです…!)、自然豊かな光景を望みながら、いろいろイメージを吸収させていただきました。

ごまこさんのご自宅には昨年のれもん忘年会でのレモンの種から育てているというレモンもあるのですが、それはそれはかわいらしい芽🌱が🥰

裏山にも入っていきましたが、毎日違う景色なの!同じ景色なんて絶対ないんだ〜っていう話がとても響きました。確かにもし無機質な街並みにいると、毎日同じに見えてしまうよね…。

この鳩山の自然を残していかなければ!伝えていきたい!という強い思いがごまこさんにあって、鳩山町の食に興味がある、自然を守る&残していく、そういう思いに共感できる、そんな人たちで集まって大勢でなくてもいいから和やかに、この鳩山町で何かイベントや企画ができたら!そんな話もしたりしました。その思いを叶えるための一つの手段として、私のイラストもお役に立てたらとても嬉しいです!

いつかレモンの木も畑に植えようと考えているごまこさん。本当に金胡麻の他にもいろいろ育てているんです。直売所もいろいろいきましたが、わけぎとかローリエ、レモングラス、柚子胡椒。東京だとなかなか国産で売ってない!とか、こんな値段では手に入らない!物もいっぱいでした。なんか私、直売所とても好きですね…。もっと他にもいろいろいきたくなります。

​鳩山町は秩父の山々を望める、広々とした畑の光景がまた素晴らしく、至る所に自然・作物・植物が広がっており、マルシェをやっていた農村公園では子どもたちが和気藹々と遊んでいました。みんながのびのびとたくましく自然に身を任せて暮らせるような、そんな街に思いますね。また時期を変えて遊びにいきたくなりました😌まだまだ見れていないものがいっぱいあるに違いない!

​そして改めて思いました。旅はやっぱり楽しい〜〜〜😆

🍋屋上レモン🍋

へのへのもへれもん 2_edited.png

​​🍋2024/3/3

ここ最近は土曜日にはちよプラの屋上にも向かい、レモンの観察もしてます。晴れている日は陽の光が綺麗に葉っぱにあたり、なかなか良い雰囲気です。

​千代田の街並みは、立派なビルに囲まれていて、普段生活する場とはまた違ったちょっと慣れない都会の街並みですが、その中にある屋上庭園という位置付けはとても貴重で素敵ですね。屋上に着くとどこかホッとしたような気持ちになる気がします。

​数ある屋上レモン写真の中、とても気に入った写真がこちらです​太陽に照らされる屋上庭園の中のレモンらしさが出てるかな?

IMG_8129.heic

🍋ちよだプラットフォームスクウェア「東京レモンお茶会」🍋

へのへのもへれもん 2_edited.png

​​🍋2024/2/4

昨日2/3、「東京レモンプロジェクト」〜東京をレモンの交流拠点に!〜をテーマに行う新しいプロジェクト準備も兼ねた「東京レモンお茶会」が東京 千代田区にあるシェアオフィス”ちよだプラットフォームスクウェア”にて行われ、参加してきました。

わたしは「東京レモンプロジェクト」発案であるLEMON STYLE COMPANYこと朝比奈ちほさんと共にプロジェクトの企画運営として一緒にやっていくメンバーの一人です。

 

ちほさんとは、昨年の高円寺&tennaにて開催の「にほんのれもん展」でも一緒に活動しました。

レモンへの愛だったり国産レモンへの思いでとても意気投合して、一緒に試行錯誤しながら準備して、「にほんのれもん展」も無事開催できて、そこからさらにどうやったらこのようなレモンのイベントをより良くできるか、継続できるかも含め日々真剣お話してきています。

そして、ちほさんの過去の千代田でのお仕事からのご縁もあり、ちよだプラットフォームスクウェアにてレモンのイベント開催などに継続的に使わせていただけることになり、「東京レモンプロジェクト」なるアイデアが誕生しました。

「東京レモンプロジェクト」については、また改めてしっかり告知をするタイミングがありますが、ここでざっくり書くと、東京をレモンの交流拠点とし、レモンをテーマにしたヒト・モノ・コトが集まり、みんなが元気になれる(かもしれない)活動。

レモンをテーマにした企画やアイデアを形にして、東京でのレモンの交流を楽しみます。

東京だからできる、レモンの活動をこれから盛り上げるための準備として、昨日のお茶会ではまず屋上庭園にてレモン栽培の始まりの集いを。屋上庭園のメンテナンスのプロの西城さんが庭園全体の紹介をしつつ、レモン栽培についてお話ししてくださりました。

ビアフランカ・リスボン・マイヤーレモン・璃の香の4種類の苗が既に用意されており、植え替えについての実演も行われました。そして今後は参加メンバーのご家庭にあるレモンの苗木も屋上に追加され、レモンの栽培を継続して頑張ろう、ということになりました。また、シンボルツリーになるレモンの苗も一つ植えることになりました。

​レモンの木を囲い、屋上庭園でレモンのマルシェやイベントを行う。そんなイベントがこれから開催されていく予定です🍋

​わたしは、これからは今まで通りのへのへのもへれもんのレモンのエンターテイメント的な活動と、東京レモンプロジェクトとしてのメンバー、それぞれをやっていくことになります〜😊🍋